条件により処理を変えるIF関数-MOS試験対策-エクセル

今回は、MOS資格エクセルの試験対策としてIF関数について解説いたします。

IF関数は、条件を満たしている場合と満たしていない場合で処理を変えたい場合に使用する関数になります。

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

第一引数には、条件を指定します。

第二引数には、条件を満たしている場合に実行すること(文字の表示や数式)を指定します。

第三引数には、条件を満たしていない場合に実行することを指定します。

例えば、

=IF(A1>=100,”〇”,”×”)

となっている場合は、セルA1の値が、100以上の場合は〇を表示、100未満の場合は×を表示するという意味になります。

具体的な使用例で説明します。

IF関数を入力するセルC2を選択
IF関数を入力するセルC2を選択

のように各人の得点が書かれた表があり、C列に得点が70点以上だったら合格、70点未満だったら不合格と表示したいとします。

その場合まず、セルC2を選択し、IF関数を入力します。

IF関数の引数を画像のように入力
IF関数の引数を画像のように入力

第一引数の論理式には、B2が70以上であるかという論理式を入力します。

第二引数には、70点以上の場合に表示したい文字”合格”を入力します。

第三引数には、70点未満の場合に表示したい文字”不合格”を入力します。

これを残りにもオートフィルを使用して反映させると

IF関数をすべてに反映させる
IF関数をすべてに反映させる

のように70点以上の場合には合格、70点未満の場合には不合格と表示させることができました。

また、得点が70以上の場合は”A”、得点が50以上の場合は”B”、それ以外の場合は”C”と表示したい場合は、IF関数の中でさらにIF関数を書けば(ネスト)処理することができます。

条件が2つある場合は画像のように入力する
条件が2つある場合は画像のように入力する

上記の数式は、まず最初のIF関数で得点が70以上か調べ、70以上の場合には”A”と表示します。もし70未満の場合には次のIF関数で50以上かを調べます。そして50以上の場合は”B”を表示、50未満の場合は”C”を表示としております。

最初は、IF関数は難しいかもしれませんが、使用頻度が高くこのIF関数を使いこなすことができるとエクセルでできることの幅が広がりますので、しっかりと覚えておくようにしましょう。

以上でIF関数の説明に関しては終了になります。

別の機会にほかのMOS資格試験対策についてもお話ができればと思います。

MOS資格対策講座開講中

キュリオステーション久米川店では、MOS資格対策講座を開講しております。2週間の短期でMOS資格合格を目指す講座からご自分のペースで通うことができる講座までご用意しております。MOS資格合格を目指している方で興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

MOS資格対策講座
キュリオステーション久米川店
久米川駅より徒歩2分・東村山市のパソコン教室。
キュリオステーション久米川店
詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み