指定の桁数で切り捨てるROUNDDOWN関数-エクセル基本講座

今回は、指定の桁数で数値を切り捨てるROUNDDOWN関数の説明を行います。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

第一引数には、対象となる数値を指定します。

第二引数には、切り捨てを行う桁数を指定します。

桁数は、正の数は小数点を、負の数は整数部分を切り捨てます。

ROUNDDOWN関数の入力方法

ROUNDDOWN関数の入力方法は、次のようになります。

まずROUNDDOWN関数を入力するセルを選択します。

次に数式タブを選択し、「数学/三角」を選択します。

関数の一覧が表示されますので、ROUNDDOWN関数を探し選択します。

ROUNDDOWN関数の入力方法
ROUNDDOWN関数の入力方法

ROUNDDOWN関数を選択するとダイアログボックスが表示されます。

数値の欄に対象となる数値が入力されているセルを選択します。

対象となる数値のセルを指定
対象となる数値のセルを指定

次に桁数の欄に切り捨てを行う桁数を指定します。

小数点以下の指定桁数で切り捨てを行う場合

小数点以下の指定桁数で切り捨てを行う場合について説明します。

ROUNDDOWN関数における小数点以下の桁数は正の数で指定を行います。

今回の例では、小数点第3位以下を切り捨てすることにするので、桁数には2と指定します。

小数点以下の桁数は正の数で指定
小数点以下の桁数は正の数で指定

確定すると小数点第3位以下が切り捨てられ、小数点第2位までで表示されるようになりました。

指定の桁数で切り捨てが行われる
指定の桁数で切り捨てが行われる

小数点以下を切り捨てたい場合

小数点以下を切り捨てたい場合は、桁数には0と指定します。

小数点以下を切り捨てる場合は0を指定
小数点以下を切り捨てる場合は0を指定

桁数に0と指定すると小数点以下が切り捨てられ、整数のみで表示されるようになりました。

0を指定すると小数点以下が切り捨てられる
0を指定すると小数点以下が切り捨てられる

整数の指定桁数で切り捨てたい場合

整数の指定桁数で切り捨てたい場合は、負の数で桁数を指定します。

今回は、十の位以下を切り捨てるとして、桁数には-2と指定します。

整数の桁数を指定するときは負の数を指定
整数の桁数を指定するときは負の数を指定

確定すると十の位以下が切り捨てられ、一の位と十の位には0と表示されるようになりました

指定桁数で切り捨てられ、切り捨てられた桁は0となる
指定桁数で切り捨てられ、切り捨てられた桁は0となる

ROUNDDOWN関数を使用する上での注意点として、小数点以下の桁数は正の数で、逆に整数の桁数の指定は負の数での指定になりますので間違えないように注意しましょう。

以上でROUNDDOWN関数の説明は終了になります。

エクセル初心者向け講座

キュリオステーション久米川店では、エクセル初心者向け講座を開講しております。エクセルの基本的なことから実践的な内容まで学べる講座になりますので、興味がある方は以下の詳細をご覧ください。

キュリオステーション久米川店
久米川駅より徒歩2分・東村山市のパソコン教室。
キュリオステーション久米川店
詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み