Excel

Excelで(1)のような括弧付き数字を入力する方法

Excelでセルに数字を入力する際、カッコで囲みたい場合がありますよね。

しかし、そのまま入力すると、マイナス記号にされてしまうことがあります。

ここでは、Excelでカッコ付き数字を簡単に表示する方法を2種類ご紹介します。

記事内容

今回は、Excelで括弧付き数字を入力する方法について紹介します。

括弧付き数字を入力するとマイナスになってしまう

Excelで、(1)、(2)などの括弧付き数字を入力しようとすると、

「(1)」と入力すると
「(1)」と入力すると

-1、-2のようにマイナスになってしまいます。

「-1」になってしまう
「-1」になってしまう

これを括弧付き数字のまま入力するようにするには、以下の2通りの方法があります。

アポストロフィ(')を先頭に入力する方法

「(1)」と入力するときに、先頭にアポストロフィ(')を付けて入力します。

アポストロフィは、「SHIFT」+「7」で入力することができます。

例えば、「(1)」と入力したいときは、

'(1)

と入力します。

先頭にアポストロフィ(')を入力する
先頭にアポストロフィ(')を入力する

これでマイナスにされずに、括弧付き数字を入力することができます。

マイナスにされずに括弧付き数字を入力することができる
マイナスにされずに括弧付き数字を入力することができる

表示形式を文字列にする方法

もう一つの方法も紹介します。

括弧付き数字を入力する前に、次の設定を行います。

括弧付き数字を入力するセルを選択します。(①)

「ホーム」タブをクリックします。(②)

「数値」グループの「数値の書式」をクリックします。(③)

セルを選択し、「ホーム」タブの「数値の書式」をクリックする
セルを選択し、「ホーム」タブの「数値の書式」をクリックする

一覧から「文字列」をクリックします。(④)

「文字列」をクリックする
「文字列」をクリックする

表示形式が「文字列」になっている状態で、括弧付き数字を入力するとそのまま表示されます。

マイナスにされずに括弧付き数字を入力することができる
マイナスにされずに括弧付き数字を入力することができる

セルの左上に緑色の三角マークが表示される場合

上記の方法で、括弧付き数字を入力すると、セルの左上に緑色の三角マークが表示される場合があります。

このマークは印刷などはされないので、特に影響はないのですが、気になる方は次の方法で消すことができます。

括弧付き数字を入力したセルをクリックすると、!マークが表示されるので、これをクリックします。(①)

「エラーを無視する」をクリックします。(②)

これで非表示になります。

!マークをクリックし、「エラーを無視する」をクリックする
!マークをクリックし、「エラーを無視する」をクリックする

まとめ

これらの方法を参考に、状況に合わせて適切な方法でカッコ付き数字を入力してください。

記事のまとめ

  • 括弧付き数字を入力する際に、先頭にアポストロフィ(')を付けて入力する
  • 表示形式を「文字列」に設定してから、括弧付き数字を入力する

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

-Excel
-