PowerPoint

PowerPoint(パワーポイント)で縦向きのスライドにする方法

PowerPointでプレゼンテーションを作成する際、スライドの向きは横向きが一般的です。

しかし、PowerPointでチラシやポスターを作るときなどには縦向きで使用したいと思います。

記事内容

今回は、PowerPointで縦向きのスライドにする方法を紹介します。

PowerPointで縦向きにする方法

「デザイン」タブを選択します。(①)

「ユーザー設定」グループの「スライドのサイズ」をクリックします。(②)

「デザイン」タブから「スライドのサイズ」を選択
「デザイン」タブから「スライドのサイズ」を選択

一覧から「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。(③)

「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択
「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択

「スライドのサイズ」ダイアログボックスが表示されます。

「印刷の向き」の「スライド」の「縦」をクリックし、チェックを入れます。(④)

「印刷の向き」を「縦」に変更
「印刷の向き」を「縦」に変更

「最大化」か「サイズに合わせて調整」のどちらかを選択するように聞かれます。

「サイズに合わせて調整」をクリックします。(⑤)

※すでに入力済みに文字や画像をどうするのかという質問になります。どちらを選んでも大丈夫ですが、「最大化」の方は、元のサイズを維持します。よってスライドの枠からはみ出す可能性があります。「サイズに合わせて調整」はスライドの枠に収まるようにサイズが調整されます。

「サイズに合わせて調整」を選択
「サイズに合わせて調整」を選択

これでスライドが縦向きに変更されます。

スライドが縦向きに変更される
スライドが縦向きに変更される

まとめ

PowerPointは、プレゼンテーション以外の用途でチラシやポスターを作る場合も多いと思います。

その場合は、必要に応じて縦向きに変更して作業してください。

PowerPoint初心者の方で他にも困っていることがある、PowerPointを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのPowerPoint講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

-PowerPoint
-,