COUNT関数とCOUNTA関数の違いは?エクセル初心者の為の基本講座

皆様、エクセルのCOUNT関数とCOUNTA関数の違いはご存知でしょうか?

両方ともセルの個数を数える関数なのですが、この2つの関数の違いについて説明しようと思います。

COUNT関数は、数値が入っているセルの個数を数える関数になります。関数の書き方は

=COUNT(数を数えたい範囲)

になります。

例えば、以下のような表があった場合

=COUNT(C3:C8)と書かれているので、C3からC8までの数値の個数を数えます。

ここでは「1」という数字が4か所書かれていますので、4という数字が表示されます。

ではこれを以下のように「1」を「〇」という文字に置き換えてみましょう。

先ほどの数字の時は4という数字が表示されていましたが、今度は0になってしまい上手く数えてくれませんでしたね。

これは「〇」が数字ではなく文字なので数えてくれなかった為になります。

では今回のように「〇」という文字を数えたい場合はどうすればよいかというと、COUNTA関数(Aがついているのでカウントエー関数)を使用すれば数えることができます。

COUNTA関数の書き方は、COUNT関数とほぼ同じで、COUNTをCOUNTAにすれば使うことができます。

さきほどの例でいくと

=COUNTA(C3:C8)

になります。

まとめ

COUNT関数は数値が入っているセルの個数を数える関数になります。

COUNTA関数は空白以外(文字など)のセルの個数を数える関数になります。

COUNTA関数は、スペースも文字として数えてしまうので注意してくださいね。

キュリオステーション久米川店
久米川駅より徒歩2分・東村山市のパソコン教室。
キュリオステーション久米川店
詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み