Excel

Excelで重複のない一意なデータを取り出す方法(UNIQUE関数)

Excelでデータを管理していると、重複するデータを排除して一意なデータだけを取り出したい場面がよくあります。

そのようなときに便利なのがUNIQUE関数です。

ExcelのUNIQUE関数は、指定した範囲の重複する値を除いて、一意の値のみを一覧表示する関数です。

この関数を使うことで、データの重複を排除し、一意な値だけをリストアップすることができます。

例えば、重複した顧客名や商品名を排除したい場合に非常に便利です。

この関数は、Microsoft 365とOffice 2021で使用可能になります

記事内容

今回は、ExcelのUNIQUE関数の使い方について紹介します。

UNIQUE関数の基本的な構文

UNIQUE関数の基本的な構文は次の通りです

UNIQUE関数の書式

=UNIQUE(範囲,[列の比較],[回数指定])

  • 範囲: 重複する値を含むセル範囲を指定します。
  • 列の比較: 対象データが縦方向に並んでいる場合、行を比較する場合はFALSE、列方向に並んでいる場合はTRUE、を指定します。省略した場合、FALSEとみなされます。
  • 回数指定: 一意の値を抽出する場合はFALSE、一度だけ出現する値を抽出する場合はTRUEを指定します。省略した場合、FALSEとみなされます。

例えば、「=UNIQUE(A2:A10)」は、A2からA10までの範囲から一意な名前が抽出されます

UNIQUE関数の使い方

UNIQUE関数の使い方を紹介します。

C列の「部署」から重複のない一意な値をE列に表示します。

抽出した値を表示するセルを選択します。(①)

「数式」タブをクリックします。(②)

「関数ライブラリ」グループにある「検索/行列」をクリックします。(③)

抽出したい値を表示するセルを選択し、「数式」タブの「検索/行列」をクリックする
抽出したい値を表示するセルを選択し、「数式」タブの「検索/行列」をクリックする

関数の一覧から「UNIQUE」をクリックします。(④)

「UNIQUE」をクリックする
「UNIQUE」をクリックする

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

「配列」にC列の部署のセル範囲を指定します。(⑤)

「配列」に重複する値を含むセル範囲を指定する
「配列」に重複する値を含むセル範囲を指定する

「列の比較」と「回数指定」はFALSEを指定する為、入力は省略します。

OKボタンをクリックします。(⑥)

「列の比較」と「回数指定」は省略する
「列の比較」と「回数指定」は省略する

これでC列の「部署」から一意な値をE列に表示することができます。

UNIQUE関数は、スピルに対応した関数になります。数式の結果を自動的に隣接するセルに表示します。

一意な値を抽出することができる
一意な値を抽出することができる

一度だけ出現する値を抽出する場合

次に、C列の「部署」で一度だけ出現する値をG列に表示します。

先ほどと同じように入力し、「回数指定」に「TRUE」と指定します。

「回数指定」に「TRUE」を指定する
「回数指定」に「TRUE」を指定する

これで、「部署」に一度だけ出現する値を抽出することができます。

一度だけ出現する値を抽出することができる
一度だけ出現する値を抽出することができる

まとめ

UNIQUE関数は、Excelで重複する値を除外するための便利な関数です。 従来のフィルター機能よりも簡単に重複する値を除外することができ、式も短くシンプルになります。 UNIQUE関数を活用することで、より効率的なデータ処理が可能になります。

記事のまとめ

  • UNIQUE関数は、指定した範囲の重複する値を除いて、一意の値のみを一覧表示する関数
  • UNIQUE関数の構文は、「=UNIQUE(範囲,[列の比較],[回数指定])」

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

-Excel
-,