スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)でシートのコピーをする方法

Excelでは、シートをコピーすることで、同じ内容のシートを作成したり、シートを別のブック(ファイル)にコピーしたりすることができます。

Excelで例えば月単位のシートを作成する際、毎回同じ内容の表を作成するのは大変ですよね。そんな時にシートのコピーを行うと簡単に月単位のシートを作成することができます。

シートのコピーには、2つの方法があります。それぞれについて紹介します。

「Ctrl」キーを押しながらドラッグしてコピー

まず、コピーしたいシートのシート見出しをマウスで選択します。

選択したシート見出しを、「Ctrl」キーを押しながらコピー先までドラッグします。

「Ctrl」キーを押しながらドラッグ
「Ctrl」キーを押しながらドラッグ

ドラッグ中は下の図のようになるので、コピーしたい場所でマウスを離します。

挿入先が矢印で表示される
挿入先が矢印で表示される

そうすると、シートを指定した場所にコピーできました。

シートのコピーができる
シートのコピーができる

シートを右クリックしてコピーする方法

コピーしたいシートのシート見出しを右クリックします。(①)

表示されたメニューから「移動またはコピー」をクリックします。(②)

コピー対象のシート見出しの上で右クリック
コピー対象のシート見出しの上で右クリック

そうすると、「移動またはコピー」ダイアログボックスが表示されます。

「挿入先」からコピーする場所を選択します。今回は一番最後にコピーしたいので、「末尾に移動」をクリックします。(③)

「コピーを作成する」にチェックを入れます。チェックを入れないとシートの移動になります。

最後にOKボタンを押します。

「挿入先」と「コピーを作成する」をクリック
「挿入先」と「コピーを作成する」をクリック

そうすると対象のシートがコピーされます。

シートのコピーができる
シートのコピーができる

まとめ

Excelでのシートのコピーは大事な操作になります。初心者の方は必ず覚えるようにしましょう。

なお、シートを別ファイルにコピーしたい場合は以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-, ,