スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で曜日を自動で表示する方法

Excelでカレンダーを作成するときに曜日を毎回調べて入力するのは面倒ですよね。

Excelでは、日付から曜日を自動で表示することができます。曜日を表示する方法は、大きく分けて2つあります。

今回は曜日を自動で表示する方法を紹介します。

セルの書式設定を使う方法

今回は、以下の表に日付から曜日を自動で表示するようにします。

日付から曜日を表示できるようにしたい
日付から曜日を表示できるようにしたい

まず、先頭の曜日を表示する場所を選択します。今回の例では、「C3」。

そこに、

=日付のセル番地

と入力します。

今回の例では

=B3

「=日付のセル」と入力する
「=日付のセル」と入力する

そうすると指定した場所と同じ日付が表示されます。

同じ日付が表示される
同じ日付が表示される

次に、曜日を表示する場所を再度選択します。今回は、「C3」。(①)

「ホーム」タブの数値グループの右下をクリックします。(②)

表示形式の設定を行う
表示形式の設定を行う

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

「表示形式」タブの分類一覧から「ユーザー定義」を選択します。(③)

「種類」に「aaa」と入力します。(④)

なお、「aaa」で月や火、「aaaa」で月曜日、火曜日というような表示になります。

  • "aaa": 月、火、水・・・
  • "aaaa":月曜日、火曜日、水曜日・・・

最後にOKボタンを押します。

「aaa」と入力する
「aaa」と入力する

これで曜日が表示されたので、最後にオートフィル(セルの右下をドラッグ)で最後まで反映されます。

オートフィルで反映する
オートフィルで反映する

これで、日付から自動的に曜日が表示されるようになりました。もし、翌月などで日付を変える場合も、日付のセルだけ変更すれば曜日も自動的に変更されます。

日付から曜日が表示されるようになった
日付から曜日が表示されるようになった

TEXT関数を使う方法

次にTEXT関数を使用する方法を紹介します。

まず、曜日を表示するセルを選択します。(①)

「数式」タブを選択します。(②)

「文字列操作」をクリックします。(③)

「数式」タブの「文字列操作」を選択
「数式」タブの「文字列操作」を選択

一覧が表示されるので、「TEXT」をクリックします。(④)

「TEXT」をクリック
「TEXT」をクリック

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

「値」の欄に、日付のセルを入力します。(⑤)

「表示形式」に"aaa"と入力します(⑥)

なお、「aaa」で月や火、「aaaa」で月曜日、火曜日というような表示になります。

最後に、OKボタンを押します。

値に日付のセル、表示形式に"aaa"と入力
値に日付のセル、表示形式に"aaa"と入力

これで曜日が表示されたので、最後にオートフィル(セルの右下をドラッグ)で最後まで反映されます。

オートフィルで反映する
オートフィルで反映する

これで、日付から自動的に曜日が表示されるようになりました。もし、翌月などで日付を変える場合も、日付のセルだけ変更すれば曜日も自動的に変更されます。

日付から曜日が表示さえるようになった
日付から曜日が表示さえるようになった

まとめ

今回は、曜日を自動で表示する方法を紹介しました。

どちらの方法でも、曜日を出すことができるので、好みや使いやすさに合わせて選ぶとよいでしょう。

なお、日付と曜日を同じセルに表示する方法は以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-, ,