スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)のVLOOKUP関数の使い方|データを検索して抽出する

VLOOKUP関数は、Excelでよく使われる関数の1つです。

VLOOKUP(縦検索)関数は、指定された値をデータ範囲から検索し、対応する情報を抽出するのに利用されます。

今回はVLOOKUP関数について紹介します。

VLOOKUP関数の書式

VLOOKUP関数の書式は以下の通りです。

VLOOKUP関数の書式

=VLOOKUP(検索対象, 検索する場所, 返される値を含む範囲内の列番号, 検索方法)

  • 検索対象:検索対象となる値を指定します。
  • 検索する場所:検索対象となるデータ範囲を指定します。この範囲は、検索値が含まれる列と、抽出したい情報が含まれる列を含みます。
  • 返される値を含む範囲内の列番号:抽出したい情報が含まれる列が、検索する範囲内の何列目かを指定します。
  • 検索方法:検索方法を指定します。FALSEまたはTRUEで指定します。FALSEを指定すると完全一致検索が行われ、TRUEまたは省略すると近似一致検索が行われます。

VLOOKUP関数の入力方法

VLOOKUP関数の入力方法は、次のようになります。

まずVLOOKUP関数を入力するセルを選択します。(①)

次に「数式」タブを選択します。(②)

「関数ライブラリ」グループの「検索/行列」を選択します。(③)

セルを選択し、「数式」タブの「検索/行列」をクリック
セルを選択し、「数式」タブの「検索/行列」をクリック

関数の一覧が表示されますので、VLOOKUP関数を探し選択します。(④)

VLOOKUP関数をクリック
VLOOKUP関数をクリック

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

VLOOKUP関数の第1引数 「検索値」

まず第1引数を指定します。

第1引数の「検索値」には、検索する値を入力します。

今回の例では、「B3」に書かれている商品番号をもとに販売価格を表示したいので、「検索値」には「B3」を指定します。

検索値の欄にカーソルがある状態で、「B3」をクリックするとセル番地が入力されます。

第1引数には、検索する値を入力
第1引数には、検索する値を入力

VLOOKUP関数の第2引数 「範囲」

第2引数を指定します。

「範囲」には検索対象がある範囲を指定します。

今回は、商品リストの表から、販売価格を調べたいので、商品リストの表の場所「B8:D12」を指定します。

「範囲」の欄にカーソルを移動し、「B8」から「D12」までドラッグして入力します。

注意点として、「検索値」で検索する対象は、「範囲」の一覧左の列(1列目)にする必要があります。2列目や3列目は検索対象になりません。

第2引数には検索対象がある範囲を指定
第2引数には検索対象がある範囲を指定

VLOOKUP関数の第3引数 「列番号」

第3引数を入力します。

「列番号」には、返される値を含む範囲内の列番号を指定します。

ここの列番号は、第2引数で指定した範囲内における列番号になります。

第2引数では、「B8:D12」と指定したので、「商品番号」の列が「1」、「商品名」の列が「2」、販売価格の列が「3」になります。

そして表示したいのは、販売価格なので、第3引数の「列番号」の欄には「3」と入力します。

第3引数には表示したい値を含む列番号を指定
第3引数には表示したい値を含む列番号を指定

VLOOKUP関数の第4引数 「検索方法」

最後に第4引数を指定します。

第4引数には、検索方法を指定します。

検索方法の引数は、FALSEまたはTRUEで指定します。

  • FALSE:完全一致
  • TRUE:近似一致

一般的に使用されることが多いのは、完全一致の「FALSE」になります。

今回の例でも「検索方法」の欄には、「FALSE」と入力します。

第4引数には、FALSEかTRUE
第4引数には、FALSEかTRUE

これで入力は終わったので、最後にOKボタンを押します。

そうすると、商品番号から販売価格が検索されて表示されました。

商品番号から販売価格が表示されるようになる
商品番号から販売価格が表示されるようになる

VLOOKUP関数の注意点

  • 検索する場所の範囲が空白になっている場合や、検索対象の値が存在しない範囲を指定した場合は、#N/A エラーが返されます。
  • 検索方法の引数を FALSEに指定した場合、検索対象の値と完全に一致するデータが存在する場合のみ、そのデータの値が返されます。
  • 検索方法の引数を TRUEに指定した場合、検索対象の値に近いデータが存在する場合、そのデータの値が返されます。

まとめ

VLOOKUP関数は、表のデータを処理する際に非常に便利な関数です。例えば、以下のようなものに応用することができます。

  • 商品名から商品コードを検索する
  • 商品コードから価格を検索する
  • 従業員名から部署名を検索する

VLOOKUP関数は、Excelを使いこなすための基本的な関数の1つです。ぜひ使い方をマスターして、表のデータを効率的に処理できるようにしましょう。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,