スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で拡大して印刷する方法

Excelで作成した表やグラフを印刷する際に、小さい表やグラフの場合、用紙に対して小さく印刷されてしまう場合があります。そのような場合は、Excelの「拡大縮小印刷」機能を使用して、表やグラフを拡大して印刷することができます。

今回は、Excel(エクセル)で拡大して印刷する方法を紹介します。

小さい表を印刷しようとすると、下の図のように印刷されてしまう。このままだと小さくて使いづらいし、見栄えも良くない。

このような場合に拡大して印刷する手順を説明します。

「ページレイアウト」タブを選択します。(①)

「拡大縮小印刷」グループの「拡大/縮小」のパーセンテージを大きくします。(②)

拡大率は、100%を基準になります。たとえば、100%で印刷するときよりも2倍の大きさで印刷したい場合は、拡大率を「200%」と指定します。

たとえば、「200%」を設定すると、下の図のように拡大して印刷されます。

拡大率を指定したら、必ず「印刷プレビュー」画面で確認してから印刷してください。印刷プレビュー画面では、拡大率の効果を確認することができます。

同じように印刷画面から設定する方法も紹介します。

印刷画面の「拡大縮小なし」と表示されている箇所をクリックします。(①)

メニューが表示されるので、「拡大縮小オプション」をクリックします。(②)

「ページ設定」ダイアログボックスが表示されます。

「ページ」タブの「拡大縮小印刷」の「拡大/縮小」のパーセンテージを大きくします。(③)

最後にOKボタンを押します。(④)

この方法でも同じように拡大印刷することができます。

以上がExcelで拡大して印刷する方法の紹介になります。

なお、用紙に対して中央に印刷したい場合は以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,