スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)のEDATE関数の使い方|指定月後の日付を表示

ExcelのEDATE関数は、指定した日付から指定した月数後または前の日付を返す関数です。

期限や支払い日の計算など、日付を加算または減算する際に便利です。

今回は、Excel(エクセル)のEDATE関数について紹介します。

EDATE関数の基本的な構文

EDATE関数の書式は以下の通りです。

EDATE関数の書式

=EDATE(開始日, 月)

  • 開始日: 計算の基準となる日付です。日付型またはシリアル値で指定します。
  • 月: 開始日から何ヶ月後の日付を求めるかを指定します。正の値を指定すると未来の日付、負の値を指定すると過去の日付を返します。

EDATE関数はシリアル値を返すので、日付として表示するには表示形式を設定する必要があります。

EDATE関数の使い方

以下、EDATE関数の具体的な使い方をいくつか紹介します。

例1:2ヶ月後の日付を取得

=EDATE(TODAY(), 2)

※TODAY()関数は今日の日付を返します。

月に2を指定しているので、今日の日付から2ヶ月後の日付を返します。

たとえば、今日の日付が、「2024/2/11」だった場合、「2024/4/11」が表示されます。

なお、「2024/1/31」に対して1カ月後を指定すると、「2024/2/29」と表示されます。これは、2024年2月は29日までしかないためです。

例2:3ヶ月前の日付を取得

=EDATE(TODAY(), -3)

月に-3を指定しているので、今日の日付から3ヶ月前の日付を返します。

たとえば、今日の日付が、「2024/2/11」だった場合、「2023/11/11」が表示されます。

EDATE関数の具体例

具体的な例で紹介します。

下の図のような表で、「受講日」を基準に「受講期間」の月数後の日付を表示します。

「受講期日」を表示するセル「E3」を選択します。(①)

「数式」タブを選択します。(②)

「関数ライブラリ」グループの「日付/時刻」をクリックします。(③)

関数の一覧から「EDATE」をクリックします。(④)

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

引数の「開始日」に「受講日」のセル「C3」を入力します。(⑤)

引数「月」に「受講期間」のセル「D3」を入力します。(⑥)

OKボタンをクリックします。

これでEDATE関数の入力は終わったのですが、シリアル値が表示されてしまいます。

シリアル値を日付形式で表示したいので、表示形式を日付に設定します。(⑦)

これで指定月数後の日付を表示することができました。他のセルに反映するため、オートフィルを行います。

これで「受講期日」を表示することができました。

まとめ

EDATE関数を使用することで、Excelで日付の加算や減算を簡単に行うことができます。

EDATE関数を活用するメリット

  • 請求書や納品書の作成など、月単位の日付計算を効率化できます。
  • 人為的なミスを減らすことができます。
  • 日付計算のロジックを分かりやすく記述できます。

期限の管理や財務データの分析など、日付計算が必要なタスクで活用しましょう。

Excelの記事一覧へ

Excelの関数で分からないことがある、Excelを基礎から習いたいなどありましたら東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では、初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-, ,