Excel

Excel(エクセル)で面グラフを作成する方法

面グラフは、連続したデータの変化を滑らかに表現するのに適したグラフです。

折れ線グラフと似ていますが、データ点同士を線で結ぶのではなく、面で塗りつぶすことで、より滑らかな曲線として表現することができます。

記事内容

今回は、Excel(エクセル)で面グラフを作成する方法を紹介します。

面グラフの特徴

面グラフには、以下のような特徴があります。

滑らかな曲線で変化を表現できる

データ点同士を線で結ぶ折れ線グラフと異なり、面で塗りつぶすことで、より滑らかな曲線として変化を表現することができます。

複数のデータ系列を比較しやすい

複数のデータ系列を同じグラフに表示することで、それぞれのデータ系列の変化を比較しやすくなります。

曲線の傾きから変化の勢いを把握しやすい

曲線の傾きを見ることで、データの変化の勢いを把握しやすくなります。

視覚的に分かりやすい

色などを調整することで、視覚的に分かりやすいグラフを作成することができます。

面グラフの作成方法

面グラフを作成するには、まずデータを準備する必要があります。

項目名や数値のデータを表で作成しておきます。

もととなるデータを作成する
もととなるデータを作成する

もととなるデータを準備できたら、グラフを作成します。

グラフのもととなる範囲を選択します。(①)

「挿入」タブをクリックします。(②)

「グラフ」グループにある「折れ線/面グラフの挿入」をクリックします。(③)

もととなるデータを選択し、「挿入」タブから「折れ線/面グラフの挿入」をクリックする
もととなるデータを選択し、「挿入」タブから「折れ線/面グラフの挿入」をクリックする

表示されたメニューから作成したいグラフを選択します。

今回は、「面」をクリックします。(④)

「面」をクリックする
「面」をクリックする

これで面グラフを作成することができます。

面グラフが作成される
面グラフが作成される

まとめ

面グラフは、連続したデータの変化を滑らかに表現するのに適したグラフです。 作成も比較的簡単で、様々な場面で活用することができます。 データの種類や目的に合わせて適切なグラフを選択し、効果的に活用することが重要です。

記事のまとめ

  • 面グラフを作成するには、まずデータを準備する
  • グラフのもととなる範囲を選択し、「挿入」タブの「折れ線/面グラフの挿入」をクリックする

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

-Excel
-,