スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で日付を令和などの和暦表示にする方法

Excelで日付を表示するときに、西暦で表示することが多いと思いますが、令和など和暦で表示したい場合もあると思います。そんな時Excelでは簡単に和暦で表示することができます。

今回はExcelで日付を令和などの和暦で表示する方法を紹介します。

令和6年1月1日と表示する方法

まず一番良く使うことが多いと思う「令和6年1月1日」というような表記にする方法について紹介します。

まず日付を表示するセルを選択します。(①)

次に、「ホーム」タブの「数値」グループの右下の部分をクリックします。(②)

「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示する
「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

「表示形式」タブの「分類」から「日付」を選択します。(③)

「カレンダーの種類」から「和暦」を選択します。(④)

「種類」から「平成24年3月14日」を選択します(⑤)

「平成24年3月14日」というのはサンプルで表示されているだけなので、令和の年であればちゃんと令和になります。

最後にOKボタンを押します。

分類「日付」のカレンダーの種類「和暦」を選択
分類「日付」のカレンダーの種類「和暦」を選択

そうすると、令和というような和暦で表示されるようになります。

選択した形式で日付が表示される
選択した形式で日付が表示される

曜日も表示するなど細かくカスタマイズしたい場合

先ほどの方法だと2パターンしかないので、もっと細かく指定する方法を紹介します。

まず日付を表示するセルを選択します。(①)

次に、「ホーム」タブの「数値」グループの右下の部分をクリックします。(②)

「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示する
「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

「表示形式」タブの「分類」から「ユーザー定義」を選択します。(③)

「種類」のボックスに表示したい形式を入力します。(④)

例えば、曜日も表示したいのであれば、

ggge"年"m"月"d"日"(aaa)

「gge」は年、「m」は月、「d」は日を表しています。

「ge」だと「R6」、「gge」だと「令6」、「ggge」だと「令和6」になります。

代表的な例を以下に書きます。

表示形式表示結果備考
ggge"年"m"月"d"日"令和6年1月1日
gge"年"m"月"d"日"令6年1月1日
ge"年"m"月"d"日"R6年1月1日
ggge"年"mm"月"dd"日"令和6年01月01日月日が1桁の場合、「0」を付けて2桁で表示
gggee"年"mm"月"dd"日"令和06年01月01日年も「0」を付けて2桁で表示
ggge"年"m"月"d"日" aaa令和6年1月1日 月
ggge"年"m"月"d"日" (aaa)令和6年1月1日 (月)
ggge"年"m"月"d"日" aaaa令和6年1月1日 月曜日
分類「ユーザー定義」から「種類」のボックスに表示形式を入力する
分類「ユーザー定義」から「種類」のボックスに表示形式を入力する

最後にOKボタンを押すと指定した形式で表示されます。

指定した表示形式で表示される
指定した表示形式で表示される

まとめ

「昭和」や「平成」もちゃんと表示することができるので、例えば誕生日の一覧を作る際などは、とりあえず西暦で入力してExcel側で和暦で表示すると簡単に入力することができます。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-, ,