PowerPoint

PowerPointでファイルを開くときのパスワードを設定する方法

PowerPointのファイルにパスワードを設定することで、閲覧や編集を制限し、情報漏洩などのリスクを軽減することができます。

パスワードを設定する方法はいくつかありますが、ここでは、最も基本的な方法をご紹介します。

記事内容

今回は、PowerPointでファイルを開くときのパスワードを設定する方法を紹介します。

ファイルを開くときのパスワードを設定する方法

ファイルにパスワードを設定する手順は次の通りになります。

まず、パスワードを設定したいPowerPointのファイルを開きます。ファイルが開いている状態で操作を行います。

ファイルを開いたら、「ファイル」タブをクリックします。(①)

「ファイル」タブをクリックする
「ファイル」タブをクリックする

画面左側に表示されている「情報」をクリックします。(②)

「プレゼンテーションの保護」をクリックします。(③)

「情報」から「プレゼンテーションの保護」をクリックする
「情報」から「プレゼンテーションの保護」をクリックする

表示されたメニューから「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。(④)

「パスワードを使用して暗号化」をクリックする
「パスワードを使用して暗号化」をクリックする

「ドキュメントの暗号化」ダイアログボックスが表示されます。

「パスワード」ボックスに、任意のパスワードを入力します。(⑤)

OKボタンをクリックします。(⑥)

パスワードを忘れないように注意してください。パスワードを忘れると、ファイルを開いたり編集したりできなくなります。

パスワードを入力する
パスワードを入力する

「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されます。

「パスワードの再入力」ボックスに、先ほど入力したのと同じパスワードを入力します。(⑦)

OKボタンをクリックします。(⑧)

再度パスワードを入力する
再度パスワードを入力する

これでファイルにパスワードが設定されました。

最後に「保存」を行います。(⑨)

「保存」を行う
「保存」を行う

次にファイルを開く際に、パスワードが要求されるようになります。

ファイルを開く際に、パスワードの入力が求められるようになる
ファイルを開く際に、パスワードの入力が求められるようになる

パスワードを解除する方法

ファイルに設定したパスワードを解除する手順は、次の通りになります。

「ファイル」タブ → 「情報」 → 「プレゼンテーションの保護」から「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。

「ファイル」タブ → 「情報」 → 「プレゼンテーションの保護」から「パスワードを使用して暗号化」をクリックする
「ファイル」タブ → 「情報」 → 「プレゼンテーションの保護」から「パスワードを使用して暗号化」をクリックする

「ドキュメントの暗号化」ダイアログボックスが表示されます。

「パスワード」ボックスに入力されているパスワードを削除します。

OKボタンをクリックします。

パスワードを削除する
パスワードを削除する

最後に「保存」を行います。

これでパスワードが解除されて、次にファイルを開くときには、パスワードの入力はなくなります。

まとめ

PowerPointでファイルを開くときのパスワードを設定することで、情報漏洩などのリスクを軽減することができます。

記事のまとめ

  • ファイルにパスワードを設定すると、ファイルを開くときにパスワードの入力が求められるようになる
  • パスワードを設定するには、「ファイル」タブ、「情報」、「プレゼンテーションの保護」とクリックする
  • 「パスワードを使用して暗号化」をクリックすることで、パスワードの設定画面が表示される
  • パスワードを忘れると、ファイルを開いたり編集したりできなくなるので、扱いには注意する

-PowerPoint
-