スポンサーリンク

Word

Word(ワード)で数行はみ出した時に1ページに収める方法

Wordで作成した文書が2ページにまたがって印刷される場合、1ページに収めるためには、テキストのサイズや間隔を縮小する必要があります。Wordには、この作業を簡単に行うための「1ページ分縮小」という機能があります。

今回は、Wordの「1ページ分縮小」機能について紹介します。

Wordで文書を作成している時に、下の図のように数行はみ出してしまい1ページで印刷できなくて困ったことはありませんか?

そんな時に「1ページ分縮小」機能を使用すると簡単に1ページに収まるようにフォントサイズなどをWordが調整してくれます。なお、はみ出した文字数が多い場合は「1ページ分縮小」を使用できません。

数行はみ出したのを1ページに収めたい
数行はみ出したのを1ページに収めたい

「1ページ分縮小」機能は標準では表示されていません。簡単に使用できるようにするためには、クイックアクセスツールバーに追加する必要があります。

クイックアクセスツールバーに追加する手順は以下の通りになります。

クイックアクセスツールバーの右にある「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックします。(①)

「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックする
「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックする

メニューが表示されるので、「その他のコマンド」をクリックします。(②)

「その他のコマンド」をクリックする
「その他のコマンド」をクリックする

「Wordのオプション」ダイアログボックスが表示されます。

「コマンドの選択」をクリックします。(③)

「コマンドの選択」をクリックする
「コマンドの選択」をクリックする

メニューから「すべてのコマンド」をクリックします。(④)

「すべてのコマンド」をクリックする
「すべてのコマンド」をクリックする

「1ページ分縮小」を見つけて、選択します。(⑤)

「追加」ボタンを押します。(⑥)

「OK」をクリックします。(⑦)

「1ページ分縮小」を選択し、「追加」を押す
「1ページ分縮小」を選択し、「追加」を押す

これで、クイックアクセスツールバーに「1ページ分縮小」が追加されます。

クイックアクセスツールバーに「1ページ分縮小」が追加される
クイックアクセスツールバーに「1ページ分縮小」が追加される

「1ページ分縮小」を使う方法は簡単です。

下の図のように数行はみ出してしまった場合に、クイックアクセスツールバーの「1ページ分縮小」をクリックします。(①)

「1ページ分縮小」をクリックする
「1ページ分縮小」をクリックする

これで、文書のテキストサイズが縮小され、1ページに収まるようになります。

1ページに収まるようにフォントサイズが調整される
1ページに収まるようにフォントサイズが調整される

はみ出した文字が多い場合に、「1ページ分縮小」をクリックしても、「これ以上ページを圧縮することはできません。」と表示され実行されません。

はみ出した文字数が多い場合は実行できない
はみ出した文字数が多い場合は実行できない

この場合は、自分で余白や行間の調整を行い、1ページに収める必要があります。

合わせて読みたい
合わせて読みたい

クイックアクセスツールバーに登録するのは面倒かもしれませんが、次回以降はクイックアクセスツールバーに「1ページ分縮小」があるので、ボタンひとつで1ページに収めることができます。はみ出した文字数が多い場合は使用できませんが、少しはみ出した場合は簡単に使用できるので、便利だと思います。

Wordの記事一覧へ

Word初心者の方で他にも困っていることがある、Wordを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのWord講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Word
-