子供向けプログラミング教室の教材はどんなの?

今回は、子供向けプログラミング教室で使用している教材について紹介しようと思います。

プログラムと聞くと英語で書かれたコードをイメージされる方が多いと思います。

そしてうちの子にできるか心配と思われる方も多いです。

そのような方の為に、子供向けプログラミング教室で使用しているプログラム教材について説明致します。

キュリオステーション久米川店で使用する教材は、主にScratch(スクラッチ)を使用して授業を行います。

Scratchってどんなもの?

公式キャラクター
公式キャラクター

Scratchは、アメリカのマサチューセッツ工科大学のMITメディアラボが開発したプログラミング学習環境になります。

主に子ども向けのプログラム学習ソフトで世界中の子どもがプログラミングの学習に使用しております。

操作は、主にマウスのドラッグ&ドロップだけでプログラムすることができ、キーボードはあまり使用せずにプログラムをすることができます。

ブロックを組み立てることによりプログラミングを行いますので、パズル感覚でプログラムを作ることができます。

現在の最新バージョンは、3.0になっており、画面はこのようなものになります。

Scratch3.0
Scratch3.0

例えば、このねこを動かすプログラムを書くと、

のようにブロックを組み合わせると動かすことができます。このコードの意味は、画面の右上にある旗(開始の意味)が押されたら、ねこが10歩動くという意味になります。

また、以下のようにコードを書くと

ずっと10歩ずつ動くというものになります。この「ずっと」というのはプログラムの世界で非常に大事なループ処理を表すものになります。

このようにScratchは、子供たちでも簡単にプログラムの楽しさを理解できるように、難しいコードなど書かなくてもプログラムができるようになっております。

Scratchは無料で使用することができますので、ご興味がありましたら一度触ってみてください。

Scratch公式サイト

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み