文字列の途中の文字を抜き出すMID関数-MOS試験対策-エクセル

今回は、MOSスペシャリストの試験にも出題される可能性があるMID関数について解説いたします。

文字列の左から抜き出すのがLEFT関数、文字列の右から抜き出すのがRIGHT関数でした。

そして文字列の途中から指定文字数分抜き出すのが今回の関数になるMID関数になります。

=MID(文字列,開始位置,文字数)

第1引数の文字列は、抽出対象の文字列を指定します。

第2引数の開始位置は、文字列のどの位置から抜き出すかの指定になります。

第3引数は、抜き出す文字数になります。

LEFT関数やRIGHT関数は開始位置を指定する必要がありませんが、MID関数は開始位置を指定してあげる必要があるので注意しましょう。

例えば、

=MID(“abcdefg”,2,3)

という式の場合は、抜き出される文字列は、「bcd」になります。

具体的な使用例で説明しますと、以下のような東村山市の住所一覧があった場合、

MID関数の説明1
MID関数の説明1

B列に市名を抜き出したいとします。

その場合には、B2を選択し、そこにMID関数を入力します。

MID関数の説明2
MID関数の説明2

今回の例では、東京都と東村山市の文字数はすべて同じなので、B2には、A2の開始位置4から4文字抜き出せばよいので

=MID(A2,4,4)

と入力します。そうすると、B2に「東村山市」と表示されます。

残りをオートフィルで反映させると、

MID関数の説明3
MID関数の説明3

のように抜き出すことができました。

また、C列に町名を抜き出したいとします。

その場合は、開始位置は8になります。抜き出す文字数は、今回のケースでは2文字であったり4文字であったりで異なります。このような場合、文字列の最後まで抜き出せば町名になるので、文字数には最後まで抜き出せる文字数をとりあえず10としておきます。

=MID(A2,8,10)

そうすると町名をうまく抜き出すことができます。

MID関数の説明4
MID関数の説明4

今回は以上で終了になります。別の機会にほかのMOS試験対策についてお話ができればと思います。

MOS資格対策講座開講中

キュリオステーション久米川店では、MOS資格対策講座を開講しております。2週間の短期でMOS資格合格を目指す講座からご自分のペースで通うことができる講座までご用意しております。MOS資格合格を目指している方で興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み