スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)のLOWER関数で英字を小文字に変換する方法

ExcelのLOWER関数は、文字列をすべて小文字に変換する関数です。

例えば、「=LOWER("HELLO")」と入力すると、「hello」という結果が返されます。

今回は、Excel(エクセル)のLOWER関数について紹介します。

LOWER関数の基本的な構文

LOWER関数の書式は以下の通りです。

LOWER関数の書式

=LOWER(文字列)

  • 文字列は、セルの参照やダブルクォーテーションで囲まれた文字列など、任意の文字列を指定できます。

例えば
=LOWER(“Excel”)
という場合は、「excel」に変換されます。

LOWER関数の使用方法

具体的な使用方法を説明します。
次のような表で、氏名に書かれているローマ字をすべて小文字に変換します。

手順は以下の通りになります

小文字を表示したいセルを選択します。(①)

「数式」タブを選択します。(②)

「関数ライブラリ」グループの「文字列操作」をクリックします。(③)

表示されたメニューから「LOWER」をクリックします。(④)

「数式」タブの「文字列操作」から「LOWER」を選択します
「数式」タブの「文字列操作」から「LOWER」を選択します

そうするとLOWER関数のダイアログボックスが表示されます。

「文字列」の入力欄に、小文字に変換したいセル(今回の例ではセル「D3」)を指定します。

その後、OKボタンを押します。

「文字列」には、変換対象の文字列のセルを指定
「文字列」には、変換対象の文字列のセルを指定

そうするとLOWER関数が反映され、対象の文字列がすべて小文字に変換されます。

残りの部分についてオートフィルで反映します。

オートフィルで残りすべてに反映
オートフィルで残りすべてに反映

これですべての氏名(ローマ字)について小文字に変換することができます。

氏名のローマ字が小文字に変換される
氏名のローマ字が小文字に変換される

LOWER関数は、文字列をすべて小文字に変換します。そのため、数字や記号は変換されません。

例えば、次の式は「12345」を「12345」のまま返します。

=LOWER("12345")

UPPER関数とLOWER関数は、文字列の文字を大文字または小文字に変換する関数です。

UPPER関数は、文字列をすべて大文字に変換します。一方、LOWER関数は、文字列をすべて小文字に変換します。

使い分けのポイントは、文字列をどのように揃えたいかによって異なります。

例えば、名前をすべて大文字で表示したい場合は、UPPER関数を使用します。一方、名前をすべて小文字で表示したい場合は、LOWER関数を使用します。

合わせて読みたい

まとめ

以上でLOWER関数の説明に関しては終了になります。

Excelの記事一覧へ

Excelには今回ご紹介したLOWER関数以外にも便利な関数や機能などがたくさんあります。
Excelの関数で分からないことがある、Excelを基礎から習いたいなどありましたら東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では、初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,