スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)のIF関数で特定の文字があれば処理を行う方法

ExcelのIF関数は、条件に基づいて指定された値を返す関数です。

特定のセルに特定の文字列が含まれている場合に特定の処理を行いたい場合、IF関数とCOUNTIF関数を組み合わせて使用することで実現できます。

今回は、Excel(エクセル)のIF関数で特定の文字があれば処理を行う方法を紹介します。

特定の文字があれば処理を行う方法

具体的な例で紹介します。

下の図のような表で、講座名に「Excel」という単語があれば「Excel受講」に「〇」、なければ「×」を表示します。

まずIF関数を入力します。

処理を行うセルを選択します。(①)

「数式」タブを選択します。(②)

「関数ライブラリ」グループの「論理」をクリックします。(③)

関数一覧から「IF」をクリックします。(④)

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

引数「論理式」を入力します。

ここで「Excel」という文字が含まれていた場合とするためにCOUNTIF関数を使用します。

COUNTIF関数は、指定したセル範囲で条件を満たしているセルの個数を数える関数です。

今回は、「講座名」のセルに「Excel」という単語があれば数えるという使用方法になります。

COUNTIF関数はワイルドカード文字を使用することが使用することができます。

今回の引数「論理式」に入力する数式は、

COUNTIF(C3,"*Excel*")

となります。(⑤)この数式の意味は、セル「C3」にExcelという文字が含まれていたらカウントするという意味になります。

COUNTIF( セル , "*文字列*" )

COUNTIF関数とワイルドカード文字に関しては以下の記事もご覧ください。

合わせて読みたい

あとは、引数の「真」と「偽」の場合を入力します。

「値が真の場合」には「"〇"」を入力します。(⑥)

「値が偽の場合」には「"×"」を入力します。(⑦)

最後にOKボタンをクリックします。(⑧)

これで数式を入力することができました。

数式としては、

=IF(COUNTIF(C3,"*Excel*"),"〇","×")

になります。あとは、オートフィルで反映します。

これで講座名に「Excel」という文字が含まれているものに「〇」を表示することができました。

まとめ

ExcelのIF関数とCOUNTIF関数を使うと、特定の文字を含むセルに対して様々な処理を行うことができます。

上記の例を参考に、ぜひ業務に役立ててください。

記事のまとめ

  • 特定の文字が含まれているかをチェックするにはCOUNTIF関数を使う
  • ワイルドカードを使用して文字が含まれているかチェックを行う
  • IF関数で文字が含まれているかを行うには、「論理式」に「COUNTIF( セル , "*文字列*" )」のように書く

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,