PowerPoint

PowerPointのテキストボックスのサイズが自動で変更されないようにする方法

PowerPointでテキストボックスのサイズを変更しようとしても自動的にサイズが元に戻されてしまい困ったことはありませんか?

記事内容

今回は、PowerPointのテキストボックスのサイズが自動で調整されないようにする方法を紹介します。

PowerPointでテキストボックスのサイズを広げようとドラッグしても、

サイズを変更しようとすると
サイズを変更しようとすると

マウスを離すと自動的に元のサイズに戻されてしまいます。

これは、テキストボックスの設定が、「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」になっている為になります。

元のサイズに戻されてしまう

自動調整されないようにする手順は、以下の流れになります。

テキストボックスを選択し、右クリックします。(①)

右クリックは、テキストボックスの枠の線の上で行ってください。

テキストボックスを選択し、右クリックする
テキストボックスを選択し、右クリックする

表示されたメニューから「図形の書式設定」をクリックします(②)

「図形の書式設定」をクリックする
「図形の書式設定」をクリックする

「図形の書式設定」作業ウィンドウが表示されます。

「サイズとプロパティ」をクリックします。(③)

「テキストボックス」をクリックします。(④)

「サイズとプロパティ」から「テキストボックス」をクリックする
「サイズとプロパティ」から「テキストボックス」をクリックする

「自動調整なし」をクリックします。(⑤)

「自動調整なし」をクリックする
「自動調整なし」をクリックする

この状態でテキストボックスのサイズ変更を行うと、自動的にサイズが調整されなくなります。

これでテキストボックスのサイズが自動調整されなくなる
これでテキストボックスのサイズが自動調整されなくなる

「自動調整なし」にすることでテキストボックスのサイズは、テキストの量に関係なく固定されます。テキストがはみ出した場合は、手動でテキストボックスのサイズを変更するか、フォントサイズを小さくする必要があります。

-PowerPoint
-