PowerPoint

PowerPointで画像の輪郭にぼかしを設定する方法

PowerPointは、プレゼンテーション機能だけでなく、画像編集機能も充実しています。

その中でも、画像の輪郭にぼかしを設定することで、より柔らかな印象を与えることができます。

記事内容

今回は、PowerPointで画像の輪郭にぼかしを設定する方法について紹介します。

画像の輪郭にぼかしを設定する方法

画像の輪郭にぼかしを設定する手順は、次の通りになります。

画像を選択します。(①)

「図の形式」タブをクリックします。(②)

「図のスタイル」グループの「図の効果」をクリックします。(③)

画像を選択し、「図の形式」タブの「図の効果」をクリックする
画像を選択し、「図の形式」タブの「図の効果」をクリックする

「ぼかし」をクリックします。(④)

「ぼかし」をクリックする
「ぼかし」をクリックする

ぼかしの一覧が表示されるので、プレビューを確認しながら、適用したい設定をクリックします。(⑤)

適用したいぼかしを選択する
適用したいぼかしを選択する

たとえば、「10ポイント」のぼかしを設定すると、下の図のように画像の輪郭にぼかしを設定することができます。

画像の輪郭にぼかしを設定することができる
画像の輪郭にぼかしを設定することができる

ぼかしの強度を細かく調整したい場合

さらに細かくぼかしの強度を設定することもできます。

ぼかしの一覧から一番下の「ぼかしのオプション」を、クリックします。

「ぼかしのオプション」をクリックする
「ぼかしのオプション」をクリックする

「図の書式設定」作業ウィンドウが表示されます。

「ぼかし」の「サイズ」のスライダーをドラッグして動かす、または、ボックスに数値を設定することで、任意の強度を設定することができます。

ぼかしのスライダーを動かして設定する
ぼかしのスライダーを動かして設定する

まとめ

PowerPointで画像の輪郭にぼかしを設定することは簡単で、プレゼンテーションの視覚的な魅力を高めるのに役立ちます。

上述の手順に従って、効果的な画像のぼかしを適用してみてください。

記事のまとめ

  • 画像を選択し、「図の形式」タブ >「図の効果」>「ぼかし」から設定することができる。
  • 「ぼかしのオプション」>「ぼかし」の「サイズ」でより詳細に設定することができる。

-PowerPoint
-