文字列の右側から文字を抽出するRIGHT関数-MOS試験対策-エクセル

今回は、MOSスペシャリストの試験にも出題される可能性があるRIGHT関数について解説いたします。

文字列の左側から文字を抽出するのがLEFT関数でしたが、逆に右側から文字を抽出するのがRIGHT関数になります。

=RIGHT(文字列,文字数)

第一引数の文字列は、抽出対象の文字列を指定します。

第二引数の文字数は、抽出対象の文字列の右側から何文字文字を抽出するかの指定をします。

例えば、

=RIGHT(“abcdefg”,3)

という式の場合は、抜き出される文字列は、「efg」になります。

具体的な使用例で説明しますと、以下のような郵便番号の一覧表があった場合

郵便番号の右から4文字抜き出したものを表示する
郵便番号の右から4文字抜き出したものを表示する

A列に書かれている郵便番号の右側から4文字抜き出したものをB列に記載したいとします。

その場合に、B2を選択し、そこに関数RIGHT関数を入力します。

第一引数には郵便番号、第二引数には抜き出す文字数を指定する
第一引数には郵便番号、第二引数には抜き出す文字数を指定する

B2には、A2の右側から4文字抜き出したいので、

=RIGHT(A2,4)

と入力します。そうすると、B2に「0013」と表示されます。

残りをオートフィルで反映させると、

郵便番号の右から4文字抜き出したものが表示される
郵便番号の右から4文字抜き出したものが表示される

のようにすべて右側の4文字を抽出することができます。

今回は以上で終了になります。別の機会にほかのMOS試験対策についてお話ができればと思います。

MOS資格対策講座開講中

キュリオステーション久米川店では、MOS資格対策講座を開講しております。2週間の短期でMOS資格合格を目指す講座からご自分のペースで通うことができる講座までご用意しております。MOS資格合格を目指している方で興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

キュリオステーション久米川店
久米川駅より徒歩2分・東村山市のパソコン教室。
キュリオステーション久米川店
詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み