スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で飛び飛びの離れたセルで足し算を行う方法

Excelでは、セルの値を足し算する方法はいくつかあります。

そのうち、飛び飛びの離れたセルで足し算を行う方法は、大きく分けて、以下の2つの方法があります。

  • 数式を直接入力する方法
  • SUM関数を使用する方法

今回はExcel(エクセル)で飛び飛びの離れたセルで足し算を行う方法を紹介します。

最初に計算式を入力して計算を行う方法を紹介します。

今回は下の図のような表で、「渋谷」と「六本木」の売上の合計を「F3」に表示します。

まず計算式を入力するセルをクリックします。(①)

計算式を入力するセルを選択する
計算式を入力するセルを選択する

次に「=」を入力します。

計算式を入力する際は、必ず「=」を最初に入力します。

最初に「=」を入力する
最初に「=」を入力する

セル「C3」をクリックします。(③)

計算対象のセルをクリックする
計算対象のセルをクリックする

「+」を入力します。(④)

「+」を入力する
「+」を入力する

セル「C5」をクリックします。(⑤)

計算対象のセルをクリックする
計算対象のセルをクリックする

最後に「Enter」キーを押します。

そうすると離れたセルの足し算を求めることができます。

離れたセルで足し算を行うことができる
離れたセルで足し算を行うことができる

次に同じ例で、SUM関数を使用する方法を紹介します。

まず合計を求める場所セル「F3」をクリックします。(①)

「ホーム」タブをクリックします。(②)

右側にある「Σ」(オートSUM)をクリックします。(③)

足し算を行うセルを選択する
足し算を行うセルを選択する

SUM関数が表示されます。

次に、セル「C3」をクリックします。(④)

計算対象のセルを選択する
計算対象のセルを選択する

「Ctrl」キーを押しながらセル「C5」をクリックします。(⑤)

「Ctrl」を押しながら計算対象のセルをクリックする
「Ctrl」を押しながら計算対象のセルをクリックする

=SUM(C3,C5)

と数式が入力されるので、最後に「Enter」キーを押します。

これで離れたセルの足し算を求めることができます。

離れたセルで足し算を行うことができる
離れたセルで足し算を行うことができる

離れた複数範囲でも計算を行うことができます。「渋谷」「新宿」「秋葉原」「上野」で合計を出す例で紹介します。

まず合計を求める場所セル「F3」をクリックします。(①)

「ホーム」タブをクリックします。(②)

右側にある「Σ」(オートSUM)をクリックします。(③)

足し算を行うセルを選択する
足し算を行うセルを選択する

セル「C3」から「C4」をドラッグして選択します。(④)

計算対象のセルをドラッグする
計算対象のセルをドラッグする

セル「C7」から「C8」を「Ctrl」キーを押しながらドラッグします。(⑤)

「Ctrl」キーを押しながら計算対象のセルをドラッグする
「Ctrl」キーを押しながら計算対象のセルをドラッグする

=SUM(C3:C4,C7:C8)

と数式が入力されるので、最後に「Enter」キーを押します。

これで離れた複数範囲の足し算を求めることができます。

離れた複数範囲の足し算を行うことができる
離れた複数範囲の足し算を行うことができる

離れた場所を選択する場合は、「Ctrl」キーを押しながらクリックやドラッグを行います。パソコン全般でよく使う操作になりますので覚えておきましょう。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,