PowerPoint

PowerPointファイルを最終版にして編集できないようにする方法

PowerPointファイルを最終版にするとは、プレゼンテーションの内容を確定し、他のユーザーによる誤編集を防ぐための機能です。

最終版の特徴としては

  • ファイルが編集不可の状態になっている。
  • ファイルを開いたときに、編集が制限されている旨のメッセージが表示される。

PowerPointファイルを最終版にする主な目的は以下のとおりです。

  • 誤った編集を防ぐ
  • ファイルの内容を保護する
  • ファイルのバージョン管理を容易にする

記事内容

今回は、PowerPointファイルを最終版にする方法を紹介します。

PowerPointファイルを最終版に設定する方法

PowerPointファイルを最終版に設定する手順は、次の通りになります。

「ファイル」タブをクリックします。(①)

「ファイル」タブをクリックする
「ファイル」タブをクリックする

画面左側に表示されている「情報」をクリックします。(②)

「プレゼンテーションの保護」をクリックします。(③)

「情報」から「プレゼンテーションの保護」をクリックする
「情報」から「プレゼンテーションの保護」をクリックする

表示されたメニューから「最終版にする」をクリックします。(④)

「最終版にする」をクリックする
「最終版にする」をクリックする

最終版として保存されるメッセージが表示されるので、OKボタンをクリックします。(⑤)

最終版にするメッセージが表示されるので、OKボタンをクリックする
最終版にするメッセージが表示されるので、OKボタンをクリックする

下の図のようなメッセージが表示され、最終版として保存されました。

最終版として保存されたというメッセージが表示される
最終版として保存されたというメッセージが表示される

最終版になると、下の図のように、画面上部に最終版であるというメッセージが表示され、編集を行うことができなくなります。

画面上部に最終版であるというメッセージが表示される
画面上部に最終版であるというメッセージが表示される

最終版を解除する方法

最終版を解除して再度編集することができるようにする手順は、次の通りになります。

画面上部に表示されている最終版のメッセージの「編集する」をクリックします。

そうすると最終版が解除され、通常通り編集を行うことができるようになります。

「編集する」をクリックする
「編集する」をクリックする

まとめ

以上で、PowerPointでファイルを、最終版にする方法の紹介を終わります。

最終版は、容易に解除して編集を行うことができます。

そのため最終版として保存したファイルの為、編集しないでほしいと関係者に知らせるために使用されるものになります。

最終版の仕様を理解して運用するようにしましょう。

記事のまとめ

  • 最終版にすると編集不可になり、編集が制限されている旨のメッセージが表示される
  • 最終版は、容易に解除して編集を行うことができるため、編集しないでほしいと関係者に知らせるために使用する
  • 最終版にする手順は、「ファイル」タブ >「情報」>「プレゼンテーションの保護」>「最終版にする」をクリックする

-PowerPoint
-