スポンサーリンク

Word

Word(ワード)の両端揃えと左揃えの違い

Word(ワード)では、文章の配置を変更することができます。文章の配置とは、文章がページのどの位置に表示されるかを決めることです。文章の配置には、左揃え、右揃え、中央揃え、両端揃えなどがあります。

この左揃えと両端揃えの違いはご存じでしょうか?

この記事では、両端揃えと左揃えの違いについて紹介します。

両端揃えは、段落の左右両端を揃える方法です。

そのため、文字の間隔を細かく調整して、右端もきれいに揃えることができます。

両端揃え

下の図は、両端揃えの時に文字を選択した状態です。右端が揃っているのがよくわかると思います。

両端揃えの場合、右端が揃う
両端揃えの場合、右端が揃う

左揃えは、段落の左端を揃える方法です。

右端は、文字の長さによってガタガタとなってしまいます。

左揃え
左揃え

下の図は、左揃えの時に文字を選択した状態です。右端がガタガタになっているのがわかると思います。

左揃えの場合、右端がガタガタになる
左揃えの場合、右端がガタガタになる

両端揃えのメリット

両端揃えを使うメリットは、見た目がきれいになることです。

左右両端が揃っていると、文章全体が整然とした印象を与えます。

両端揃えを使うデメリット

両端揃えを使うデメリットは、文字の間隔が不自然になることです。

両端揃えをすると、単語間のスペースが不均等になることがあります。特に、日本語では単語間にスペースを入れないので、文字間のスペースが不自然に広がったり狭まったりします。

両端揃えと左揃えは、どちらを使うべきか迷うこともあるでしょう。一般的には、以下の使い分けが推奨されています。

  • 見た目を重視するなら両端揃え
  • 文字の読みやすさを重視するなら左揃え

例えば、報告書や企画書などのビジネス文書では、両端揃えで作成するのが一般的です。見た目がきれいになるため、相手に好印象を与えることができます。

Wordの初期設定では、両端揃えになっています。

もし作業中に意図せず両端揃えが変更されてしまった場合は、両端揃えを設定することをお勧めします。

Wordの記事一覧へ

Word初心者の方で他にも困っていることがある、Wordを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのWord講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Word
-,