Word

Word(ワード)の文書をExcel(エクセル)に変換する方法

Wordで作成した文書をExcelに変更したい時はありますよね。

そんな時、普通にコピー&ペーストだとあまりきれいにコピーされません。

そんな時に便利な方法を紹介します。

記事内容

今回は、Wordの文書をExcelに変換する方法について紹介します。

下の図のようなWord文書をExcelに変換するために、コピー&ペーストをすると

Excelに変更したい
Excelに変更したい

あまりきれいにコピーすることはできません。

コピペだと上手くいかない
コピペだと上手くいかない

そんなときに便利な方法を紹介します。

手順は次の通りになります。

まずWord側で作業を行います

変換したいWord文書を開き、「ファイル」タブを選択します(①)

「ファイル」タブをクリック
「ファイル」タブをクリック

「名前を付けて保存」を選択します。(②)

「名前を付けて保存」をクリック
「名前を付けて保存」をクリック

保存する際のファイルの種類を変更します。

「Word文書」と書かれているところをクリックします。(③)

「Word文書」をクリック
「Word文書」をクリック

ファイルの種類の一覧から「Webページ(*.htm;*.html)」を選択します。(④)

「保存」をクリックします。(⑤)

「Webページ」をクリックして、保存する
「Webページ」をクリックして、保存する

ここからExcelでの作業になります。

Excelを起動し、「開く」をクリックします。(⑥)

「開く」をクリック
「開く」をクリック

先ほど保存したWebファイルを開きます。

保存したファイル名を選択します。(⑦)

「開く」をクリックします。(⑧)

先ほど保存したファイルを開く
先ほど保存したファイルを開く

これでExcelに変換することができました。

コピペした時よりもきれいに変換することができると思います。

コピペよりきれいに変換することができる
コピペよりきれいに変換することができる

最後に、今の形式は「Webページ」になっているので、Excelファイルにして保存します。

「ファイル」タブを選択します。(⑨)

「ファイル」タブをクリック
「ファイル」タブをクリック

「名前を付けて保存」をクリックします。(⑩)

「名前を付けて保存」をクリック
「名前を付けて保存」をクリック

保存する際のファイルの種類を変更します。

「Webページ」をクリックします。(⑪)

「Webページ」をクリック
「Webページ」をクリック

ファイルの種類の一覧から「Excelブック」を選択します。(⑫)

「保存」をクリックします。(⑬)

「Excelブック」を選択し、保存する
「Excelブック」を選択し、保存する

これでWord文書をExcelファイルに変換することができました。

これで作業としては完了ですが、WordとExcelの表示が一部変更されてしまっているので直します。

この作業を行った後、Wordの表示が、「Webレイアウト」になっているので、「印刷レイアウト」に戻します。

Wordの画面の右下の「印刷レイアウト」をクリックします。

「印刷レイアウト」をクリック
「印刷レイアウト」をクリック

Excelの方は、枠線が見えなくなっています

枠線を見えるようにするには、Excelの「表示」タブの「表示」グループにある「目盛線」にチェックを入れます。

「表示」タブから「目盛線」にチェック
「表示」タブから「目盛線」にチェック

今回の方法を使うとWordからExcelへの変換が行いやすくなると思います。

少し特殊なやり方ですが覚えておくと便利です。

記事のまとめ

  • Wordで、Webページ(*.htm;*.html)で保存する
  • Excelで、「開く」から保存したWebページを開く
  • Excelで、Excelブックで保存する
  • Wordの表示が、「Webレイアウト」になっているので、「印刷レイアウト」に戻す
  • Excelも枠線が見えなくなっているので、「目盛線」にチェックを入れる

Word記事 一覧に戻る

-Word
-,