スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)のIF関数で空白の場合は計算しない方法

Excelで計算式を入力する際、空白のセルを参照すると、空白のセルの値が0として計算されます。

そのため、空白セルを計算対象から除外したい場合は、IF関数などの関数を組み合わせて使用する必要があります。

今回は、IF関数を使って空白の場合は計算しない方法を紹介します。

下の図のように「数量」×「単価」から「金額」を求める表で、商品が入力されていないセルも計算を行っているため、「0」と表示されてしまっています。

これだと見栄えが良くないので、IF関数を使用して空白の場合は計算を行わないようにします。

手順は以下の流れになります。

「金額」のセル「E3」を選択します。(①)

「数式」タブを選択します。(②)

「関数ライブラリ」グループの「論理」をクリックします。(③)

表示されたメニューから「IF」をクリックします。(④)

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

「論理式」の欄に「D3=""」と入力します。(⑤)

空白は「""」と入力します。この論理式はもしセル「D3」が空白だったらという意味になります。

空白の場合は、なにもしないで空白を表示したいので、「値が真の場合」の欄には「""」を入力します。(⑥)

空白ではなかった場合は、計算を行いたいので、「値が偽の場合」には計算式の「C3*D3」を入力します。(⑦)

これですべての入力が終わったのでOKボタンを押します。(⑧)

これで最初のセルの入力が終わったので、残りのセルにオートフィルで反映します。(⑨)

これで空白でない時だけ計算を行うことができます。

Excelで空白の場合は計算しない場合は、IF関数などの関数を組み合わせて使用することで、実現することができます。

記事のまとめ

  • IF関数を使用することで空白の場合は計算しないようにできる
  • 空白は「""」と入力する
  • なにも表示しない場合も「""」と入力する
  • もし空白の場合はという条件は、「セル=""」と入力する

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,