スポンサーリンク

Word

Word(ワード)の文字間隔の調整方法

Wordで資料を作成している時に、文字の間隔を調整したいと思うことはありませんか?

Wordでは、文字間隔を調整することで、文字の密度や見た目を自由に変更することができます。

今回は、Wordの文字間隔の調整方法を紹介します。

文字間隔を狭くする手順を説明します。

調整したい文字をすべて選択します。(①)

「ホーム」タブを選択します。(②)

「フォント」グループの右下の矢印を押します。(③)

「ホーム」タブの「フォント」グループの右下の矢印をクリックする
「ホーム」タブの「フォント」グループの右下の矢印をクリックする

「フォント」ダイアログボックスが表示されます。

「詳細設定」タブを選択します。(④)

「文字間隔」のプルダウンの矢印をクリックします。(⑤)

リストから「狭く」をクリックします。(⑥)

OKボタンを押します。

「文字間隔」を「狭く」にする
「文字間隔」を「狭く」にする

これで文字間隔を狭くすることができます。

1行目は標準の文字間隔なので、狭くなっているのがわかると思います。

文字間隔が狭くなる
文字間隔が狭くなる

文字間隔を広くするのも同じ方法でできます。

調整したい文字をすべて選択します。(①)

「ホーム」タブを選択します。(②)

「フォント」グループの右下の矢印を押します。(③)

「ホーム」タブの「フォント」グループの右下の矢印をクリックする
「ホーム」タブの「フォント」グループの右下の矢印をクリックする

「フォント」ダイアログボックスが表示されます。

「詳細設定」タブを選択します。(④)

「文字間隔」のプルダウンの矢印をクリックします。(⑤)

リストから「広く」をクリックします。(⑥)

OKボタンを押します。

「文字間隔」を「広く」にする
「文字間隔」を「広く」にする

これで文字間隔を広くすることができます。

1行目は標準の文字間隔なので、広くなっているのがわかると思います。

文字間隔が広くなる
文字間隔が広くなる

もっと細かく間隔を指定したい場合は、数値でも調整することができます。

「フォント」ダイアログボックスの「詳細設定」タブの「文字間隔」の「間隔」の「▲」「▼」を押して調整します。

「間隔」の矢印から数値を指定する
「間隔」の矢印から数値を指定する

例えば間隔を2pt広くしてみると下の図のように、プルダウンで「広く」を指定した場合よりも広くなっているのがわかると思います。

細かく文字間隔を調整できる
細かく文字間隔を調整できる

Wordで文字間隔を調整することで、文字の密度や見た目を自由に変更することができます。目的に合わせて、適切な文字間隔を調整しましょう。

なお同じように文字間隔を調整することができる「均等割り付け」もあります。「均等割り付け」については以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

また行の間隔を調整する方法については下記の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

記事のまとめ

  • 文字間隔を調整するには「フォント」ダイアログボックスの「文字間隔」で「広く」や「狭く」に設定できる
  • もっと細かく設定するには、「文字間隔」の「間隔」で設定することができる

Wordの記事一覧へ

Word初心者の方で他にも困っていることがある、Wordを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのWord講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Word
-,