文字列の左から文字を抽出するLEFT関数-MOS試験対策-エクセル

今回は、MOSスペシャリストの試験にも出題される可能性があるLEFT関数について解説いたします。

LEFT関数は、文字列の左から指定文字数分、文字を抽出するものになります。

=LEFT(文字列,文字数)

第一引数の文字列は、抽出対象の文字列を指定します。

第二引数の文字数は、抽出対象の文字列から何文字文字を抽出するかの指定をします。

例えば、

=LEFT(“abcdefg”,3)

という式の場合は、抜き出される文字列は、「abc」になります。

具体的な使用例で説明しますと、以下のような郵便番号の一覧表があった場合

LEFT関数の説明1
LEFT関数の説明1

A列に書かれている郵便番号から3文字抜き出したものをB列に記載したいとします。

その場合に、B2を選択し、そこに関数LEFT関数を入力します。

LEFT関数の説明2
LEFT関数の説明2

B2には、A2から3文字抜き出したいので、

=LEFT(A2,3)

と入力します。そうすると、B2に「189」と表示されます。

残りをオートフィルで反映させると、

LEFT関数の説明3
LEFT関数の説明3

のようにすべて3文字抽出することができます。

今回は以上で終了になります。別の機会にほかのMOS試験対策についてお話ができればと思います。

MOS資格対策講座開講中

キュリオステーション久米川店では、MOS資格対策講座を開講しております。2週間の短期でMOS資格合格を目指す講座からご自分のペースで通うことができる講座までご用意しております。MOS資格合格を目指している方で興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 042-313-3650 受付時間 12:00-19:00 [ 火曜~金曜 ]
10:00-17:00 [ 土曜 ]

無料体験のお申込み