Excel

Excelの条件付き書式で特定の日付が過ぎたら色を付ける方法

Excelの条件付き書式を使用して、特定の日付が過ぎた場合にセルに色を付ける方法について説明します。

この方法を使えば、日付が過ぎた場合に自動で色が変わり、締め切りや期限を管理するのに便利です。

記事内容

今回は、Excelの条件付き書式で特定の日付が過ぎたら色を付ける方法を紹介します。

条件付き書式で特定の日付が過ぎたら色を付ける方法

特定の日付が過ぎたら色を付ける手順は次の通りになります。

まず、条件付き書式を設定したいセルの範囲を選択します。(①)

「ホーム」タブをクリックします。(②)

「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします。(③)

範囲選択し、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックする
範囲選択し、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックする

表示されたメニューから「セルの強調表示ルール」にマウスをポイントします。(④)

「指定の値より小さい」をクリックします。(⑤)

「セルの強調表示ルール」の「指定の値より小さい」をクリックする
「セルの強調表示ルール」の「指定の値より小さい」をクリックする

「指定の値より小さい」ダイアログボックスが表示されます。

「次の値より小さいセルを書式設定」ボックスに比較対象の日付を入力します。日付は、直接入力する以外にも、セル参照を利用することもできます。

今回は、セル「C2」を比較対象の日付として使用します。なおセル「C2」にはTODAY関数が設定されています。

比較対象となる日付が表示されているセルをクリックします。(⑥)

セルをクリックすると、ボックスにセル番地が入力されます。今回は、「=$C$2」と入力されます。

比較対象の日付が表示されているセルをクリックする
比較対象の日付が表示されているセルをクリックする

書式のプルダウンリストをクリックし、日付が過ぎていた場合の書式を設定します。(⑦)

今回は、書式に「濃い赤の文字、明るい赤の背景」を設定します。

書式を設定する
書式を設定する

これで設定が完了したので、OKボタンをクリックします。(⑧)

OKボタンをクリックする
OKボタンをクリックする

これで、セル「C2」の日付より前の日付に色が付くようになります。

指定した日付より前の日付に色が付く
指定した日付より前の日付に色が付く

今日以前の日付に色を付けるには

今日以前の日付に色を付けるには、セル参照以外にもTODAY関数を直接入力する方法でも実現できます。

先ほどの手順と同じように、

「条件付き書式」から「セルの強調表示ルール」の「指定の値より小さい」をクリックし、「指定の値より小さい」ダイアログボックスを表示します。

ボックスに

「=TODAY()」

と入力します。

これで今日以前の日付に色が付くようになります。

「=TODAY()」と入力する
「=TODAY()」と入力する

まとめ

Excelの条件付き書式を活用することで、特定の日付が過ぎたことを視覚的にわかりやすく表示することができます。

記事のまとめ

  • 「条件付き書式」から「セルの強調表示ルール」の「指定の値より小さい」をクリックする
  • 比較対象の日付として、日付を直接入力するかセル参照で指定する
  • 比較対象の日付に、「=TODAY()」と入力して今日以前の日付に色を付けることもできる

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

-Excel
-,