スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)の条件付き書式で「以上」や「以下」を設定する方法

Excelの条件付き書式は、セル値が特定の条件を満たす場合に、書式設定を自動的に変更する便利な機能です。

この機能を使って、例えば、売上目標を達成しているセルを緑色に、未達成のセルを赤色にするといったことができます。

条件付き書式で、「以上」や「以下」は条件付き書式のメニューには表示されませんが、設定することができます。

今回は、Excelの条件付き書式で「以上」や「以下」を設定する方法を紹介します。

条件付き書式で「以上」や「以下」を設定する方法

具体的な例で紹介します。

下の図のような表で売上が「100」以上のセルに色を付けます。

「売上」が「100以上」のセルに色を付けたい
「売上」が「100以上」のセルに色を付けたい

手順は次の通りになります。

条件付き書式を設定するセルを範囲選択します。(①)

「ホーム」タブを選択します。(②)

「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックします。(③)

セルを選択し、「ホーム」タブから「条件付き書式」をクリックする
セルを選択し、「ホーム」タブから「条件付き書式」をクリックする

表示されたメニューから「セルの強調表示ルール」にマウスをポイントします。(④)

「その他のルール」をクリックします。(⑤)

「セルの強調表示ルール」から「その他のルール」をクリックする
「セルの強調表示ルール」から「その他のルール」をクリックする

「新しい書式ルール」ダイアログボックスが表示されます。

「次の値より大きい」と表示されているプルダウンをクリックします。(⑥)

「次の値より大きい」と表示されている箇所をクリックする
「次の値より大きい」と表示されている箇所をクリックする

一覧から「次の値以上」をクリックします(⑦)

もし「以下」を設定したい場合は、「次の値以下」をクリックします。

一覧から「次の値以上」をクリックする
一覧から「次の値以上」をクリックする

値のボックスに、今回は「100以上」にしたいので、「100」と入力します。(⑧)

次に書式の設定を行います。

「書式」をクリックします。(⑨)

数値の入力を行い、書式ボタンをクリックする
数値の入力を行い、書式ボタンをクリックする

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

ここで任意の書式を設定します。

今回は、「100以上」のセルに色を付けたいので、「塗りつぶし」タブを選択します。(⑩)

色を設定します。(⑪)

OKボタンをクリックします。(⑫)

条件を満たした場合の書式の設定を行う
条件を満たした場合の書式の設定を行う

これで条件および書式の設定が終わったので、OKボタンをクリックします。(⑬)

これで条件と書式の設定が完了した
これで条件と書式の設定が完了した

これで「100以上」のセルに色を付けることができました。

これで100以上という条件で条件付き書式を設定することができる
これで100以上という条件で条件付き書式を設定することができる

まとめ

Excelの条件付き書式を使って、「以上」や「以下」といった条件を設定する方法を説明しました。

この機能を使って、データ分析や資料作成を効率化しましょう。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,