スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で24時以上の時間を表示する方法

Excelで勤務時間などの時間の合計を出そうとしたら、時間が正しく表示されず困ったことはありませんか?

今回はそんな場合に正しく時間が表示できるようになる設定を紹介します。

例えば、下の図のような勤務時間の表があり、勤務時間の合計を出そうと、

合計勤務時間を求めると
合計勤務時間を求めると

SUM関数を使用して合計を出すと、

SUM関数で合計を出す
SUM関数で合計を出す

下の図のように時間が期待した形で表示されません。

24時間以上の時間が表示されない
24時間以上の時間が表示されない

24時以上の時間を表示する方法

Excelでは、通常の時間表示形式では、24時を超える時間は「00:00」と表示されます。例えば、25時30分は「1:30」と表示されます。

24時を超える時間を正しく表示するには、セルの書式設定で表示形式を変更する必要があります。

表示形式の変更方法の手順を紹介します。

まず、時間を表示したいセルを選択します。(①)

次に、「ホーム」タブの数値グループの右下をクリックし、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示します。(②)

表示形式を変更する
表示形式を変更する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されたら、「表示形式」タブの分類「ユーザー定義」を選択します。(③)

次に、「種類」の欄に、

[h]:mm

hと[ ]で囲んで指定します

hを[ ] で囲む
hを[ ] で囲む

そうすると、24時間を超える時間も表示されるようになりました。

24時間以上の時間が表示されるようになる
24時間以上の時間が表示されるようになる

まとめ

Excelで計算は正しいのに期待した通りに表示されない場合は、表示形式の設定が原因のことが多いです。

正しく表示されない場合は、表示形式を確認してみましょう。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-,