Excel

Excel(エクセル)のCOUNTIFS関数で「〇以上かつ△未満」を指定する方法

ExcelのCOUNTIFS関数は、複数の条件を満たすセルの数を数えるために使用されます。

特定の数値の範囲を指定する場合、「〇以上かつ△未満」の条件を設定することができます。

記事内容

今回は、COUNTIFS関数で「〇以上かつ△未満」を指定する方法を紹介します。

「〇以上かつ△未満」を指定する方法の数式としては以下のようになります。

=COUNTIFS(範囲, ">=〇", 範囲, "<△")

例えば、A列のセルが10以上かつ20未満のセルの数を数えたい場合は以下の数式になります。

=COUNTIFS(A2:A10, ">=10", A2:A10, "<20")

なお、COUNTIFS関数の詳しい内容については以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

もう少し具体的な例で紹介します。

下の図のような表があり、価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数えます。

価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数える
価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数える

まず引数「検索条件範囲1」には、価格のセル「E3」から「E11」(E3:E11)を指定します。(①)

「検索条件範囲1」には、価格のセル「E3:E11」を指定する
「検索条件範囲1」には、価格のセル「E3:E11」を指定する

引数「検索条件1」には、2,000以上という意味で「">=2000"」と入力します。(②)

「検索条件1」には、2,000以上という意味で「">=2000"」を指定する
「検索条件1」には、2,000以上という意味で「">=2000"」を指定する

引数「検索条件範囲2」には、「検索条件範囲1」と同じ価格のセル「E3」から「E11」(E3:E11)を指定します。(③)

「検索条件範囲2」には、価格のセル「E3:E11」を指定する
「検索条件範囲2」には、価格のセル「E3:E11」を指定する

引数「検索条件2」には、4,000未満という意味で「"<4000"」と入力します。(④)

「検索条件2」には、4,000未満という意味で「"<4000"」を指定する
「検索条件2」には、4,000未満という意味で「"<4000"」を指定する

これで価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数えることができます。

価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数えることができる
価格が2,000円以上4,000円未満の商品の数を数えることができる

COUNTIFS関数で「〇以上かつ△未満」を指定する場合、範囲と条件を指定する部分をそれぞれの条件に対して繰り返します。

比較演算子(>=、<)を使って条件を設定することで、「〇以上かつ△未満」の条件を指定することができます。

  • >:大なり。指定した値よりも大きいセルをカウント
  • <:小なり。指定した値よりも小さいセルをカウント
  • >=:以上。指定した値を含む、またはそれより大きいセルをカウント
  • <=:以下。指定した値を含む、またはそれより小さいセルをカウント

記事のまとめ

  • 「〇以上かつ△未満」を指定する場合、範囲と条件を指定する部分をそれぞれの条件に対して繰り返す
  • 例えば、2,000以上4,000未満を数えるには「=COUNTIFS(E3:E11,">=2000",E3:E11,"<4000")」と入力する

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

-Excel
-,