Excel

Excel(エクセル)で西暦を和暦に変換する方法

西暦表記の年を、令和や平成などの和暦で表示したい場合があります。

Excelでは、西暦を簡単に和暦に変換することが可能です。

記事内容

今回は、Excel(エクセル)で西暦を和暦に変換する方法を紹介します。

西暦を和暦に変換する方法

西暦を和暦に変換する手順は、次の通りになります。

和暦に変換したいセルを選択します。(①)

「ホーム」タブをクリックします。(②)

「数値」グループの「表示形式」(右下の矢印)をクリックします。(③)

セルを選択し、「ホーム」タブの「表示形式」をクリックする
セルを選択し、「ホーム」タブの「表示形式」をクリックする

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

「表示形式」タブの「分類」から「日付」を選択します。(④)

「カレンダーの種類」のプルダウンリストをクリックします。(⑤)

「日付」を選択し、「カレンダーの種類」のプルダウンリストをクリックする
「日付」を選択し、「カレンダーの種類」のプルダウンリストをクリックする

「和暦」をクリックします。(⑥)

「和暦」を選択する
「和暦」を選択する

「種類」から適用したい日付の形式を選択します。

今回は、「平成24年3月14日」を選択します。(⑦)

OKボタンをクリックします。(⑧)

適用したい表示形式を選択する
適用したい表示形式を選択する

これで西暦表記から和暦表記に変換することができます。

西暦表記から和暦表記に変換される
西暦表記から和暦表記に変換される

ユーザー定義を使用する場合

表示形式のユーザー定義を使用して和暦を指定する場合は、

ggge"年"m"月"d"日"

のように入力します。「ggge」が和暦を表します。

「ggge"年"m"月"d"日"」と入力する
「ggge"年"m"月"d"日"」と入力する

まとめ

これで、Excelで西暦を和暦に変換する方法についての紹介を終わります。

記事のまとめ

  • 「表示形式」の「日付」から「カレンダーの種類」で「和暦」を選択する
  • 「ユーザー定義」で「ggge"年"m"月"d"日"」と入力する

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

-Excel
-,