スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で足し算をする方法

Excelは表計算ソフトとして有名で、数値や文字などのデータを扱うのに便利です。Excelでは、セルと呼ばれる小さな四角形の中にデータを入力して、様々な計算や分析ができます。

足し算はExcelで最も基本的な計算の一つですが、いくつかの方法があります。

今回は、以下の代表的な3つの方法を紹介します。

  • 直接数値を入力する方法
  • セルに入力されている数値で計算する方法
  • SUM関数を使う方法

最初に直接計算式を入力する方法を紹介します。今回は、5に2を足す計算式を入力する例で手順を紹介します。

まず計算式を入力するセルをクリックします。

計算式を入力するセルを選択する
計算式を入力するセルを選択する

次に「=」を入力します。

計算式を入力する際は、必ず「=」を最初に入力します。

最初に「=」を入力する
最初に「=」を入力する

「=」を入力したら、「5+2」と入力します。

最後に「Enter」キーを押します。

計算式を入力する
計算式を入力する

これで「=5+2」を行うことができました。

最後にEnterを押せば計算される
最後にEnterを押せば計算される

次に、セルに入力されている数値で計算を紹介します。

今回は下の図のように売り上げの合計をセル「C5」に表示します。

まず「C5」を選択します。

足し算を行うセルを選択する
足し算を行うセルを選択する

次に「=」を入力します。

最初に「=」を入力する
最初に「=」を入力する

セル「C3」をクリックします。そうすると数式に「C3」が入力されます。

足す数のセルを選択する
足す数のセルを選択する

「+」を入力します。

「+」を入力する
「+」を入力する

セル「C4」をクリックします。

これで数式として「=C3+C4」と入力されたので、最後に「Enter」キーを押します。

足す数のセルを選択する
足す数のセルを選択する

これで計算を行うことができました。

最後にEnterを押せば計算される

次に、SUM関数を使う方法を紹介します。この方法がもっとも一般的な方法になります。

複数の数値の足し算を行う場合、一つ一つのセルを指定すると大変です。このSUM関数を使うと簡単に足し算を行うことができます。

今回は先ほどの例に店舗が増えた場合の例で説明します。

まず合計を求める場所セル「C7」をクリックします。(①)

合計を出すセルをクリック
合計を出すセルをクリック

「ホーム」タブを選択します。(②)

右側にある「Σ」(オートSUM)をクリックします。(③)

「ホーム」タブから「Σ」(オートSUM)をクリック
「ホーム」タブから「Σ」(オートSUM)をクリック

=SUM(C3:C6)

と表示され、計算対象の範囲の確認が行われます。

この式の意味は、セル「C3」からセル「C6」までの数字で合計しますという意味になります。

計算対象の範囲は自動的に選ばれてるだけなので、意図しない範囲が選ばれる場合もあります。その場合は正しい範囲を指定する必要があります。その方法は次の項目で紹介します。

計算対象の範囲が正しいことを確認したら、「Enter」キーを押します。

計算範囲が正しいか確認する
計算範囲が正しいか確認する

そうすると合計を求めることができます。

最後に「Enter」キーを押す
最後に「Enter」キーを押す

次にSUM関数を入力するときに範囲が正しくなかった場合の入力方法になります。

まず合計を求める場所セル「F3」をクリックします。(①)

合計を出すセルをクリック
合計を出すセルをクリック

「ホーム」タブを選択します。(②)

左側にある「Σ」(オートSUM)をクリックします。(③)

「ホーム」タブから「Σ」(オートSUM)をクリック
「ホーム」タブから「Σ」(オートSUM)をクリック

そうすると下の図のように、「C3:E3」と表示され正しくない範囲が選ばれてしまっています。

計算範囲が正しくない
計算範囲が正しくない

その場合は、正しい範囲をドラッグして選択します。

今回は、「C3」から「C6」が計算したい範囲なので、そこをドラッグします。(④)

そうすると、

=SUM(C3:C6)

と正しい範囲に修正されたので、これで「Enter」キーを押します。

正しい計算範囲をドラッグする
正しい計算範囲をドラッグする

そうすると合計を求めることができます。

最後に「Enter」キーを押す
最後に「Enter」キーを押す

SUM関数はExcelでもっとも一般的な関数になります。関数を使用すると面倒な計算も簡単に行うことができるようになります。SUM関数は基本になりますのでしっかりと覚えておきましょう。

記事のまとめ

  • 計算式は、半角で入力します。
  • 計算式は、先頭に「=」を入力します。
  • 数値の間には、半角の「+」を入力します。
  • 計算式の最後には、Enterキーを押します。
  • SUM関数を使用すると簡単に足し算を行うことができます。

他の四則演算の引き算、掛け算、割り算については以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい
合わせて読みたい
合わせて読みたい

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-, ,