スポンサーリンク

Excel

Excel(エクセル)で重複データを入力できないようにする方法

Excelを使用してデータを整理する際、重複したデータを避けることが重要です。重複データが存在すると、集計や分析が正確に行えないだけでなく、データの信頼性も低下します。

今回はExcelで重複データを入力できないようにする方法を紹介します。

Excelのデータ入力時に重複をチェックする方法は、入力規則とCOUNTIF関数を使用して行います。

設定手順は次の通りです。

最初に重複させたくない範囲を選択します。(①) 今回は、B列を重複させたくないので、B列を選択。

「データ」タブを選択します。(②)

「データツール」グループの「データの入力規則」をクリックします。(③)

重複させたくない範囲を選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリックする
重複させたくない範囲を選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリックする

「データの入力規則」ダイアログボックスが表示されます。

「設定」タブを選択します。(④)

「入力値の種類」から「ユーザー設定」を選択します。(⑤)

「入力値の種類」を「ユーザー設定」にする
「入力値の種類」を「ユーザー設定」にする

「数式」の欄に「=COUNTIF(B:B,B1)=1」と入力します。(⑥)

今回は、B列が対象なので、「B」になってします。設定する際は適宜変更してください。

数式の意味としては、B列の中でセル「B1」の値をカウントし、1件であるという条件になります。

「数式」に「=COUNTIF(B:B,B1)=1」と入力する

「エラーメッセージ」タブを選択します。(⑦)

「タイトル」と「エラーメッセージ」に任意の文字を設定してください。(⑧)

最後にOKボタンを押します。(⑨)

エラーメッセージを設定する
エラーメッセージを設定する

これで重複データを入力できない入力規則の設定が終わりました。

テストとして重複データを入力してみます。

重複するデータの「A0001」と入力して、「Enter」キーを押すと、

重複するデータを入力しようとすると
重複するデータを入力しようとすると

エラーメッセージが表示され入力することができません。

エラーメッセージが表示され入力することができない
エラーメッセージが表示され入力することができない

今回の方法を使用することで、Excelで重複データを入力できないようにすることができます。データの正確性と信頼性を確保するために、データ入力時に適切なチェックを行うことが重要です。

Excelの記事一覧へ

Excel初心者の方で他にも困っていることがある、Excelを基礎から習いたいという方の為に東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

スポンサーリンク

-Excel
-