Excel

Excel(エクセル)のMAX関数で数値の最高値を求める方法

ExcelのMAX関数とは、指定した範囲のセルの中で最大の値を返す関数です。

例えば、「A1」から「A10」までのセルに数値が入っている場合、「=MAX(A1:A10)」と入力すると、その中で最も大きい数値が表示されます。

MAX関数は、データ分析やレポート作成などに役立ちます。

記事内容

今回はExcelのMAX関数について紹介します。

MAX関数の基本的な構文

MAX関数の書式は以下の通りです。

MAX関数の書式

=MAX(数値1, [数値2], …)

  • 数値1は必須の引数で、最大値を求めたい数値またはセル範囲を指定します。数値2以降は任意の引数で、最大値を求めたい他の数値またはセル範囲を追加できます。最大255個まで指定できます。

※MAX関数の注意点としては、以下の点が挙げられます。

  • 数値以外のデータ(文字列や空白など)は無視されます。
  • 論理値(TRUEやFALSE)は数値として扱われます。TRUEは1、FALSEは0として計算されます。

MAX関数の使用方法

MAX関数の具体的な使用例で説明します。

のように各人の得点が書かれた表があり、セル「B12」に最高得点を求めたいとします。

まずセル「B12」を選択します。(①)

次に、「ホーム」タブの右上の「オートSUM」ボタンの▼をクリックします。(②)

一覧から「最大値」を選択します。(③)

そうすると、MAX関数が入力され最大値を求める範囲を聞いてくるので、セル「B2」からセル「B11」をドラッグして選択します。

範囲を選択したら「ENTER」キーを押します。

そうするとセル「B12」に最大値を求めることができました。
このようにMAX関数は、データの最大値を簡単に求めることができます。

まとめ

MAX関数は、Excelで数値の最大値を求める際に便利な関数です。売上データの中から最大の売上を調べたり、製品の品質データの中から最高の品質を調べたりするといったデータ分析やレポート作成など、さまざまな場面で活用することができます。

最大値はMAX関数、最小値はMIN関数になりますのでしっかりと覚えておきましょう。

MIN関数に関してはこちらを参照

条件付きで最大値を求めたい場合は、MAXIFS関数を使用します。MAXIFS関数については以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

Excelの基本的な操作方法から、便利な機能の活用術まで、幅広く紹介しています。

ぜひこちらのページも合わせてご覧ください。

今すぐCHECK

Excelには今回ご紹介したMAX関数以外にも便利な関数や機能などがたくさんあります。
Excelの関数で分からないことがある、Excelを基礎から習いたいなどありましたら東村山市のパソコン教室キュリオステーション久米川店では、初心者向けのExcel講座を開講しております。ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

講座紹介

-Excel
-,